読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬は即刻廃止すべきだ

毎日駅を通る。柱にも天井にも張り巡らされた広告が、嫌でも目に付く。なぜかこの一週間の広告は一色、赤色に染まっていた。笑福亭鶴瓶と、あと名前を知らない男と女が満面の笑みを見せている。その笑顔の下には、白文字で日本ダービーと書かれている。何に対しての笑顔だろう。毎年6000頭以上の馬が屠殺されていることに、だろうか。
 
日本競馬は即刻廃止すべきだ。なぜなら、日本競馬は文化ではなく、何千頭もの馬を殺して金を得る産業になっているからだ。
 
もともと馬というのは、他国への侵略手段として、遊牧民族等の移動手段として、あるいは使役用として人間に利用されていて、そこから古代の競馬が起こり、さらに近代競馬が生まれた。イギリスで近代競馬が始められたのは貴族の娯楽としてであり、それは今でもそうなっている。例えば2011年にはエリザベス女王所有のカールトンハウスという馬が英国ダービーを勝つかと言われ、結果3着に敗れたが、貴族階級が嗜む文化として成り立っていることがわかる。
日本の競馬はどうだろう。日本にはもともと欧州のような馬文化はない。初めから欧州の猿真似として導入されている。「天皇賞」だのと大層な名前をつけているが、天皇陛下は馬主ではない。馬主といえば社台社台社台パチンコパチンコ、個人馬主に目を移すと北島三郎佐々木主浩?とても貴族の文化とは言えない。下品な人間が金を使う場所となっている。
そして、その裏では毎年何千頭もの馬が殺処分されている。皆さんは競走馬の最後をご存知だろうか。
種牡馬繁殖牝馬になれるのは競走馬の中でもごく一部のみ、良血と呼ばれる馬のみである。ただし、いくら競走馬として実績をあげていようと、種牡馬として結果が出せないと5年もたずに廃用になる。種牡馬繁殖牝馬になれなかったり、繁殖に回ったのにもかかわらず結果の出せなかった馬はどうなるのだろう。
乗馬?乗馬として生涯を終えられるのはほんのわずかな競走馬、気性が非常によく、その中でもたまたま運の良かった馬だけしか乗馬にはなれない。馬肉?いや違う。競争用に改造されてきたサラブレッドは馬肉にすらなれないのだ。無駄にエサ代や場所代をかけないために、さっさと薬殺されるのが常である。毎年何千頭も。毎年何千頭もの命を無駄に殺して、ニコニコと馬券を手に叫ぶのが日本競馬なのだ。こんなスポーツ、ギャンブルは他にはない。プロ野球選手やサッカー選手は人格まで改造されないし、宝くじは紙だ。パチンコは金属と電気代だ。競馬は何千もの命を消費している。現代において、こんなものを存続させておく理由はない。きちんと引退競走馬の問題に向き合っているアメリカ、貴族文化として言い訳ができる欧州とは違い、日本競馬には残すべき文化としての側面など何もない。薄汚い恰好をしたオヤジども、下品な罵声、空に舞う馬券、何もかも汚らわしい。伝統を守れと言うのなら、下総御料牧場の輸入牝馬の血だけ残していればいいのであって、大々的な広告を打ち巨大な競馬場を建て何千もの命を粗末にし市民から銭を巻き上げる必要はない。日本競馬は文化としてではなく、政府の集金システムとして繁栄しているのだ。毎年、何千頭もの馬を殺しながら。
 

 

最強の競馬論 (講談社現代新書)

最強の競馬論 (講談社現代新書)

 

 

 
 

 

 
 
 
◎リオンディーズ
○エアスピネル
▲なし
△なし
×ディーマジェスティ、マイネルハニー、マカヒキ、サトノダイヤモンド
 
日本でもようやく競馬関係者が引退後のサラブレッドを少しでも生かそうという動きを始めた。Thanks Horse Project