読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5月3日、憲法記念日の朝日新聞社説がすごく良かった

(社説)憲法70年 この歴史への自負を失うまい:朝日新聞デジタル

1面の社説が良かったので社説面の方も読んだら更に良かった。

(社説)憲法70年 先人刻んだ立憲を次代へ:朝日新聞デジタル

是非とも全文読んでください。(社説読んでもらえたら以下は読まなくていいです。)

 

自民党改憲草案について、こう評している。

「個人」を削り、「和」の尊重を書きこむ。そこに表れているのは、改憲草案に流れる憲法観――憲法は歴史や伝統などの国柄を織り込むべきもので、国家権力を縛るものという考えはもう古い――である。

 だから、人は生まれながらにして権利を持つという天賦人権説を西欧由来のものとして排除し、憲法を、国家と国民がともに守るべき共通ルールという位置づけに変えようとする。

 これは憲法観の転覆にほかならない。経験知を尊重する保守の立場とは相いれない、急進・破壊の考えと言っていい。

 内閣総理大臣自由民主党総裁安倍晋三は「自民党は結党以来改憲を主張している」と宣うが、長年第一党にありながら改憲しなかったのも自民党だ。これが意味するのは、今の自民党が変質し、かつてのような安心して政治を任せられる自民党ではなくなっているということ。もしあなたが戦後の経済成長、社会保障の確立を理由に自民党を評価するなら尚のことそうだ。